海外フォトと社長ブログ

海外フォトと社長のブログです。

AVEC GRACE

AVEC GRACE株式会社

品位を高め 恩恵と共に 世界へ羽ばたく Royal Airport

国際社交学サロン

〒100-0005  東京都千代田区丸の内1-8-3  丸の内トラストタワー本館20F
03-6667-5989

  • お問い合わせ

社交学とは

AVEC GRACE株式会社

新着記事

新着記事

近々、HPをリニューアルいたします。

Best Excellent ITALIA HOLIDAY 8 Jan 21-28 '10 (1231)

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

長きにわたり、心を込めて製作中です。

日々、楽しいことがたくさんありますようにと願います。

2018.03.15

A HAPPY NEW YEAR ♪

GJbBbO6oZbKoUwo1514976923_1514977191

皆様方に美しく悦びの年となりますように

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018.01.01

7カ国 視察旅 in Jul~Aug 2017 (1) AIRFRANCE Business エールフランスビジネスクラス Paris

xbEb8SwMS7Osb401503843885_1503843906 IMG_3712

AIRFRANCE 航空の新しいビジネスクラスに
搭乗させていただきました。 18th July 2017

羽田空港は、JALラウンジにてお食事などもゆったり
こちらはFirst Class

IMG_9296ZGNRjHiCBIvguRZ1503766569_1503766578

飛行機に乗る、空港にいる時は最高にワクワク
今から夢に向かって羽ばたく♪

写真

AIRFRANCE 航空の新しいビジネスクラスURLです。

新しい空間は、オフィス、レストラン、エンターテイメントのリビング、寝室としてご利用いただけます。気分に応じてアレンジなさってください。とのコンセプトどおり

 

白く輝き優美な曲線美
Privateに美しくelegantにすごさせていただけます♪

IMG_9377

Merci Monsieur!

IMG_9378  IMG_9307

翼よ あれがParisの灯だ

g3osGDKM1NdAVi21503766722_1503766730

本当に美しく快適です。

機長様、皆様方のおかげで
また大好きな地へ連れてきていただきました。
数百回は飛行機に登場しております。感謝がいっぱいです。

 ♪

当日にAIRFRANCE 航空便にて乗り継ぎする乗客は
Salon Air Franceへ

3Sbes5EYrihTzp91503766596_1503766602

1年前に
AIRFRANCE 航空のオペレーターの方が
ご丁寧に最も素敵な座席やお日にちを選んで手配してくださいました。
心より感謝申し上げております。

おかげさまで

この上なく美しい旅になりました。

Q08YCfVxzU5hE321503759677_1503759685

改装された Hôtel de Crillon

Avenue Montaigne  Plaza Athénée

Ritz       Place Vendôm

Q0rSQRni6A5j5cP1503758782_1503759437

 Ladurée       Angelina Paris

WOTh4HCN9Tykydx1503759644_1503759653

J’adore Paris, FRANCE!

IMG_9486

l’Opéra de Paris

IMG_6752

IMG_6749

新年 を祝う   1st Jan⇦31st Dec
Paris のオペラ座 にて晩餐舞踏会が催されました
伝統のガルニエ宮です

dam-images-daily-2014-09-chagall-ceiling-marc-chagall-opera-garnier-ceiling-01

シャガールの天井画『夢の花束』は愛を燦々と
私達を舞い包みます

6238002662380030

招待状

zjvGOxG_3I_9GSt1503980016_1503980035

Die lustige Witwe The Merry Widow Franz Lehár

オペレッタ『喜歌劇メリーウイドウ』フランツ・レハール

ドイツ語による歌、フランス語と英語の電光字幕

62380034

大好きな歌曲 Lippen schweigen, ‘s flustern Geigen も甘美に♪

62380036

62380033

グラン ホワイエにて晩餐舞踏会

IMG_6751

IMG_3740

maxresdefault

pmzdRlGbnYStzQW1503974885_1503974929

62370006

62370028IPJqMuooKcuU_o01503978516_1503978542

62370029

オペラ歌手の方々もご一緒に 大晦日は明け
Bonne année!
新年あけましておめでとう!

62370032

Crei-EgVUAA9ZPS

garnier

gFsPRdyapQsF12a1503980286_1503980313

vi0ah0sEi5deksi1503981435_1503981516

メリーウイドウは

Happy  End

IMG_3731

華麗な美の祭典は

JAL機内誌にて私が見つけました。

そろそろFRANCE Parisに留学をしたいと願っていたおり

きっかけが来た!と思いました。

クリスマスに出発し

Côte d’Azurで出逢った女子学生のおかげで知り合った

フランス人の学者  Monsieur J ViardotとParisで再会いたしました。

Academie-Francaise アンティーク本の鑑定家   奥様は音楽家の方です。

これからパリで学生をする、という私に

“オペラ座の晩餐舞踏会はフランス人として招待させていただきたい。

あなたは誰でも誘って行きなさい。きっと楽しめます。

どうぞ良い新年を”

Je vous remercie de fond de mon cœur.

人との巡り会い

学ぶ姿勢

そして

あなたが心から愛することに

Bonne Chanceは必ず起こります。

238

Marc Chagall

 

Pairsに1年留学し、貴族の方々とも出逢い

お仕事でフランスへ幾度も行けるようになりました。

2017年の視察旅では、パリ到着の夜に出発いたしました。

2017.08.26

7カ国 視察旅 2017 (2) (3) Egypt ヨルダン アンマン『ペトラ遺跡』アカバ紅海 Jordan

qu6ZliXH0B6IOX11503761397_1503761411

2度目のエジプト航空にてCairo経由→
初めての国ヨルダン・ハシミテ王国Hashemite Kingdom of Jordanに到着いたしました。

IMG_9705

ヨルダン考古学博物館を訪れました。

DSCN9485

DSCN9483 DSCN9493

快く写真を撮ってくださった青年たち ショコラン♪ shókranorMJSrZ6pSkIAUv1503762743_1503762753

ローマの円形劇場 Roman Amphitheater など、一望に見渡せます。

美しい工芸品    と   プライベートツアーのdriverさんです。

IMG_9979 IMG_9710

oEfyiQpM6eM3e7k1503763427_1503763437

私は、エルサレムへも初めて向かうのですが、大丈夫でしょうか?
ニュースが気になります。

 

アンマンから車で約4時間走り

80px-Icon_of_Sekaiisan.svg

ついに! 念願の 『Petra ペトラ遺跡』
新・世界七不思議 New 7 Wonders of the World!

XRRqAVyYrwB0eAH1503767632_1503767647

いよいよ体感できる!
憧れへ! 向かっている時が最もワクワクいたしますね♪

IMG_9761 l_zofj3pYEo6RRv1503767458_1503767501

名高い!最も高額であろう観光チケット    美しく巻いてくださり

ホテルで奇跡的に出逢った素晴らしい日本人の方から
(幾度もこちらへ旅をされていらっしゃり、
外国で会社も経営されていらっしゃる方です)

早朝=太陽が真上に来る前に出発するように
アドバイスを受けました。

下り道で、快適にワクワク進んで行きました。

IMG_9764 IMG_9765

DSCN9505  IMG_9766

BHrgZ3xeprvoEVs1503778716_1503778736

Dcl3lSlBXP478GM1503778752_1503778758 (1)

30分位、歩いてきたでしょうか?

IlaZrC_FTIowI6k1503768450_1503768460

このような凄い!渓谷に
旅人たちの心は アドレナリン全開!

A2isK3AwX5qu_a51503770141_1503770149

DSCN9510

あっ Ah

JFZGfHjzGQ1K1AM1503769074_1503769132

behOKLRsB8MAI4H1503769613_1503769695

エル・カズネ 宝物殿 ✨ 世界遺産

الخزنة‎ Al Khazneh、The Treasury

Bv6s6yLpymHkKdT1503771279_1503771287

gOoaDM8fReSFdLK1503771304_1503771317

古代ヨルダンの都市ペトラにおける最も精緻な建築物の一つである。この古代都市の、エド・ディル(アラビア語: الدير‎ Ad Deir, 修道院、英語: The Monastery)を含むその他ほとんどの建築物と同様に、この建造物もまた砂岩の岩肌を彫って造られたものである。エル・カズネは古代ギリシア建築の影響を受けており、貴重な観光地になっている。

ついに見たゾ!

8__8DA5FS1zSQyO1503770787_1503770841

 このように、ペトラ遺跡は広大で、数日間 訪れる人も多く
様々に好きなコースを探索できます。

私は、『まっすく歩けばいいのね』 と前進   していますと..  .

DSCN9515

ベドウイン青年に捕まりました(笑)

そのおかげ 予期せぬ絶叫体験が!

IMG_9806 IMG_9837

ロバは、人を3人載せて、こんな石ゴロゴロの道でも
絶対に よろけない んです

ラクダは真っ直ぐの道・砂漠のみ歩けるそうです。

ベドウイン青年の強いアドバイスは

「ロバに乗れ。乗ったら景色を見ていられる。
自分で歩いたら足元ばかり見るようになる。」

me694PNJkYBXD_f1503772244_1503772252

ここが、あの映画 Indiana Jones の舞台

なんだか、だんだん広大になってきました  青年のおかげです!!!

wINh2LWFFZmb6yv1503772490_1503772498

IMG_9828 IMG_9841

こんな断崖にいるのは私たちだけ。。皆、下を歩いているゾ   青いリザードが!

BsWgOUdzSMtqaou1503772963_1503772973

海外旅行の醍醐味は

『冒険!』 Adventure

誘われたら、乗っかってみる 

アラジンに誘われたジャスミン王女のように

魔法の絨毯に乗っかってみる

 

IMG_9949

トレッキグなどしたのは生まれて初めて

このスニーカー新品だったんです。。

2時間位? トラバース??

「さあ、目を開けていいよ」

Open your eyes!

bGfXTO10OMkvBqI1503779772_1503779804

VTR → I made it〜〜 !!! 

IoxxejdJUHu8Bnd1503774730_1503774739

IMG_9910  IMG_9857

スカーフを巻いても撮影         居合わせたフランス嬢

青年は飛んでいる!
かなり危険なことをしているんですヨ

KdabHt8ZagjIYeF1503775030_1503775053

だってこんなに高い絶壁なんですもん

rHkid0cEc9YCyks1503775079_1503775086

↑ 私がいるの見えますか?

IMG_9926 IMG_9938

“Trust me!”  僕を信じて!

本当に、アラジンがジャスミン王女に言った台詞と一緒
差し出された手を握った私をここへ舞い上がらせてくれたのです。

They lowered me down to a cliff and lifted me up!
絶壁へ降ろし、そして引き上げてくれた。

「この彼の方がさらに力が強い」、と交代して
斜めの断崖に立ち、ひとりでどこにも捕まらず
NOT grab anywhere, standing alone obliquely in the cliff wall.

男子は強い! Men are STRONG!

尊敬です!   I Respect

IMG_9959    IMG_9965

I would like to visit again!! shókran shókran shókran!

外国への旅の価値は、
現地の人々と交流することです。

そうすることで あなたは
お鍋でグツグツ美味しそうに煮えている具になれる。
コク、旨味が付いて参ります。

to Red Sea in AQABA

ejUVXX59qvF5VfM1503776885_1503776891

IMG_0107 RedSeaNemo

Lt5seSR5DkAnhmd1503777695_1503777723

エジプト Egypt に陽が。。。       こちらはイスラエル Israel

IMG_0089 IMG_0098

Cross the border

to Israel… ..

nMBuQpZXu5UWa3J1503777591_1503777606

 19th ~ 25th July 2017

2017.08.24

7カ国 視察旅 2017 (4) イスラエル8日間 エルサレム ベツレヘム ナザレ マサダ D海 Israel

IMG_0327

3宗教の聖地 Jerusalem !

神殿の丘にある岩のドーム イスラム教の聖地

IMG_3699

現地の英語ツアーに参加いたしました。

IMG_0176 IMG_0177

まずはOlive山から   歴史を紐解きます。

クリスチャンではありませんが、幼稚園からキリスト教の学校でした。
バチカン市国のあるイタリアへのお仕事にも約1年間、
神様にたくさん大感謝の旅に参りました。

I am not a Christian, but from a kindergarten, some of my schools were Christianity.  Then I have been to Italy for about a year at work.  In fact, God cured me.  I came here for a thankful journey.

80px-Icon_of_Sekaiisan.svg

huFacw8lMJ9zOKq1503784041_1503784049

旧市街はユダヤ教イスラム教キリスト教聖地

canvasjerusaremmap

fFz2yMXssJi8Thp1503784082_1503784091

 VTR→『神殿の丘 Temple Mount』と『西の壁 Wailing Wall』 感動しております

IMG_0323    IMG_0435

IMG_0258   IMG_0228

ユダヤ教 神殿の西壁 western wall of the Temple
男性は左、女性は右側です。

私もお祈りをさせていただきました。zPQDdXPXbhv3Zcu1503786235_1503786242

お水で清めます。 かわいらしい壺   指輪と宝石を忘れないで!

IMG_0245  IMG_0262

お土産店にも立ち寄り

IMG_0272  IMG_0279

IMG_0278  IMG_0276

エルサレム市内観光では、ホロコースト博物館 Yad Vashem へ

Sa4EiU2UE9ZugWk1503823827_1503823833

みな厳粛に

pWD1ULuD0Ebdkqn1503799731_1503799764

センスがいい  このファッション  猛暑の遺跡観光

教会・寺院に入場できるようにスカーフを

IMG_0289  IMG_0313

仲間が皆いるか?  潜らせて点呼する

アーチを作り慣れている旅客

キリスト教の聖墳墓教会=ゴルゴタの丘は金曜日に!

         金曜日はVia Dolorosaを修道士方と辿れます!

外務省・在イスラエル日本国大使館から在留邦人へ注意喚起がきた金曜日

エルサレム旧市街「神殿の丘」周辺は、武装警官達が各ゲートを閉鎖!

IMG_0633  IMG_0508

そんな中、礼拝から帰って来られた方々がたくさん   バスで送迎

IMG_0516  IMG_0519

この方、絵になっていらっしゃいますね

gfbjRcBnG_OsusG1503802130_1503802140

ライオン門の向こうに

ゲッセマネ Gethsemane

_IET5IeGOd01keF1503803433_1503803440

ルカによる福音書より

十二人の弟子たちと最後の晩餐
(イエスがユダの裏切りを示唆する有名な場面です)
を終えたイエスは、

弟子のペトロ・ヤコブ・ヨハネを連れて、
オリーブ山にあるゲッセマネの園に向います。

オリーブの木  2000年前から

vWOBsIaf9Ls6zzd1503804671_1503804676

イエス様は最後の苦悶の祈りをささげ、
イスカリオテのユダの裏切りによって捕らえられました。

『起きていなさい』と言ったのに、弟子たちは眠ってしまった..

Slide3_2015022411205134fs

IMG_0546 IMG_0562

厳かに お祈りをさせていただきました。

pIfC1f14JhENs961503819640_1503819649

IMG_3715

教会の入り口 横の オリーブの木が一番古いそうです。

6p57zIgCb9Yzdlp1503808177_1503808186

IMG_0602  IMG_0586

IMG_0618

現地に詳しい案内人の方に出逢い、旧市街内へ 連れていって戴けました。

そして いよいよ

金曜日は Via Dolorosa

oDh_jp3046vKKa71503800633_1503800645

イエス・キリスト様が十字架をせおい歩かれた道を

フランシスコ修道会の方々と共に、
お祈りをしながら 賛美歌を歌いながら辿らせていただきました。

IMG_0679 IMG_0680

この日は、武器を構えた警官の護衛付きで行なわれました。

【Via Dolorosa】 was done with escort of police officers holding weapons.

第1留 -ピラトに裁かれるー

男子校 The Al Omarica Schoolが始発点

IMG_0671

via-dolorosa-map

in English ↑ Click for Details

I8X5Gw4mLdkwJRr1503819012_1503819021

第3留 -最初に倒れた場所-

rPmlouG2yu5Wb7X1503813613_1503813622

IMG_0664  IMG_0641

(同じステーションでの私の写真は、始まる前に撮影いたしました。)

zpysD9nMcrE5_0i1503809452_1503809461

IMG_0708  IMG_0705

IMG_0648  IMG_0706

IMG_0653  IMG_0650

gohistoric_18090_m

第10~14留      十字架が立てられたゴルゴタの丘  

Church of the Holy Sepulchre

Holy-Sepulcher-from-above-tb011610614-bibleplaces

Y0vYnFPNgH3gswh1503821043_1503821053

cFTuCYZ3CzkgjwB1503811014_1503811022 (1)

十字架が立てられた↑

p7sGCgrbwbvIHeN1503815759_1503815767

5a4RQH0YpVgItQB1503814097_1503814105

r82y2WrxIBA3C0m1503823574_1503823583

9nKAok0zNU915EF1503810076_1503810087

IMG_0737

イエス キリスト様の『その場所』お厳かにお参りし

すごい気持ちになりました。。  。  Then…

Ἀνάστασις 復活をされた礼拝は

z58AMFXr0jqJTQZ1504227064_1504227097 MQTC1RL4Q7hBAZJ1504228208_1504228245

天使の羽に乗っているような

澄みわたる宇宙を感じました。

IMG_0783

………………………………………………

…………………………

世界遺産 『マサダ』と『D Sea』

やはり、砂漠にいるのだな と思う景色になります。 暑い! 45℃

IMG_0336

ここは SEA LEVEL 海水面=海水位

IMG_0343  IMG_0337

80px-Icon_of_Sekaiisan.svg

Masada  は

ユダヤ民族の自尊心

ユダヤのヘロデ王が建てた宮殿  要塞

BC100年頃、D Seaを見渡す高さ約400mの岩山に建設された

ローマ軍に最後まで抵抗し続け、ユダヤ人約1000人が立てこもった

難攻不落のマサダだったが、

最後は女性と子供7人を残し、全員が自決を選んだ

イスラエルには「マサダは二度と陥落しない」という合い言葉がある

800px-Israel-2013-Aerial_21-Masada

『民族の誇り』を灼熱に体感できます!

IMG_0412

IMG_0418

IMG_0379  IMG_0378

IMG_0376  IMG_0409

IMG_0388

し海

IMG_0393

IMG_0385 IMG_0423

とにかく暑い!!

アラビア半島し海
古代から人々の健康と美容に貢献してきた
海抜マイナス418m、地表で最も低い場所です。

IMG_0495  IMG_0442

美容オイル塩湖
「クレオパトラもした水」で 浮きました〜〜〜!

IMG_0493

体が浮かぶ秘密は
塩分濃度30%の水   主成分は「塩化マグネシウム」
64種類の天然ミネラルが溶け込でいる
[天然の泥パック]
本当にトロトロ💕美肌スベスベになります。

image4

bigstock-Dead-Sea-6238120-e1450267318952

IMG_0478  IMG_0481

このビーチに来るまでに遭難しそうになるくらい暑い!

……………………………………………………

……………………………..

テルアビブ Tel Aviv へ走り

首都はどっち? Jerusalem?

IMG_0794  IMG_0795

………………………………………………….

………………………

ナザレNazareth

イエス・キリスト様の育たれた地

 

マリアさま受胎告知教会 Basilica of the Annunciation

flat,1000x1000,075,f.u2

IMG_0809  IMG_0810

IMG_0808  IMG_0827

IMG_0989  IMG_0992  IMG_0991

IMG_0830  IMG_0831

IMG_0843  IMG_0862

Maryと友人になり、
新約聖書のMark and John を良く読むことを勧められました。

聖ヨセフ教会

KbXjRvmSLEtfaNZ1503898973_1503898995

IMG_0853 dcC_i4MKaL7yrhk1503899356_1503899377

IMG_1453

ガリラヤ湖  Galilee

IMG_0883

IMG_0874 IMG_0880

イエス様が宣教を始められた地

IMG_0886 IMG_0887

タブハ Tabgha は”七つの泉”の意味 。
イエス・キリスト様が パンと魚の奇跡を行われた。

IMG_0889    IMG_0891

IMG_0897

IMG_0900 IMG_0903

IMG_0904

IMG_0914 IMG_0908

幸運のお魚 Peter’s FISH 聖ペテロの魚  をいただきました。
十二使徒の一人ペテロガリラヤ湖で釣りをしているときに、
口に銀貨をくわえた魚が釣れただそうです。

ヨルダン川 洗礼体験!

IMG_0931  IMG_0933

IMG_0940   IMG_0936

IMG_1449 IMG_1030

証明書!

…………………………………………………..

……………………………

ベツレヘム Bayt Laḥm  イエス・キリス生誕地

 

IMG_1243  Zl9SYKU993t0A2B1503908492_1503908520

IMG_1253

お迎えの美しいNotre Dame Centerに、ローマ法王 Pope  Franciscus さま!!!
ホッといたしました。

IMG_1264  s9NQj_6xrlmYJCr1503906484_1503906507 (1)

[パレスチナ自治区のエリア「A」に通じている道。
イスラエル市民は禁区。あなた方の命に~] との厳しい標識が

80px-Icon_of_Sekaiisan.svg

イエス生誕の地 :ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路
パレスチナ

The Shepherds‘ Field Chapel
羊飼いフィールド・チャペル

天使たちが最初にキリストの誕生を発表した場所をマークしています。

IMG_1270  IMG_1286

Gloria in excelsis Deo  歌を想い出します♪

   IMG_1289

  聖誕教会 Church of the Nativity

IMG_1298  Bethlehem_BW_2010-09-21_12-34-02

ec7a41e410e54c8e207495909699b59863ebe43d.49.2.9.2
Jesus Christの生誕地 💕祝福 (^^)(^^) 正にここです。

!

IMG_1311  IMG_1323                                                                                     

キリスト様がお生まれになったので
『ここだけはマリアさまは微笑んでいらっしゃる』そうです。

ですから、お土産はこのマリアさまが1番だそうです。

IMG_1335  IMG_1333

IMG_1466

ベツレヘムの星✨

聖書と賛美歌の女学生時代が今こちらに♪この世の光の照りわたるを~✨

IMG_1295

イエスさまがお生まれになったお家のお土産がたくさん

The Church on the “Milk Grotto”

IMG_1376

IMG_1354  IMG_1356

聖書の伝説では、ここはヘロデ王の兵士から逃れてエジプトに渡ろうとしていた聖一家が立ち寄った洞窟

7fb567960480246170af64dcfcf481d1--israel-travel-the-holy-land

IMG_1363

聖母マリアさまが赤子のイエスに母乳を与えようとした時に
母乳が地面に落ち、一瞬にしてミルク色に変わったそうです。

………………………………………..

………………

IMG_1381

Banksy

IMG_1343

………………………………………………..

…………………………..

Jericho

世界最古の街  &  世界で最も標高の低い街

IMG_1405

IMG_1404  IMG_1432

IMG_1414  IMG_1435

IMG_1589IMG_1431

the Air is Burning!

…………………………………………

………………………

IMG_1142

Dumuscus Gate

qzLd9FVgWAo67GK1503920072_1503920118

エルサレムでは、
旧市街の中にあるHASIHMIホテルに宿泊いたしました。

スークの中にエントラスがあるのに驚きました。

IMG_1123

IMG_1129  IMG_1128

IMG_1125

IMG_1143

IMG_1144

IMG_1451  IMG_1452

IMG_1146

IMG_1450  IMG_1062

テラスからの景色です

IMG_1079  IMG_1198

IMG_1183

IMG_1221

神殿の丘、岩のドームには
ハシミホテル  レセプションの方に教えて頂いたおかげで入れ感謝いたしております。
彼女は
『愛する猫ちゃんの命が、神様にお祈りしてお祈りして→救われた!』 と。
その猫ちゃんにも会えました💕💕
やはりお祈りですね♪ 『奇跡は起こる』のですね

25th July~1st August 2017

2017.08.23

7カ国 視察旅 2017 (5)(6) ルーマニア România ヤシ Italia イタリア Bologna Ravenna Puccini音楽祭

IMG_1591  eFpNoDF56O6S6Gx1503997033_1503997064

 

初めてRomânia ルーマニア を訪れました。ヤシIași 北東部にある第2の都市です。

文化宮殿 Palatul Culturii

IMG_1568

IMG_1512

IMG_1517 IMG_1515

IMG_1513

展示されている民族衣装の刺繍が美しい

IMG_1534

IMG_1529

IMG_1553 IMG_1539

IMG_1525

IMG_1523

IMG_1528

IMG_1537

IMG_1531 IMG_1541

IMG_1514

空港からお願いしましたAlex氏は青年実業家。文化宮殿を訪れている間、スーツケースを車に預かってくださっていました。Gentlemanに感謝申し上げております。ご卒業された大学などもドライブしてくださいました。 Multumesc!

IMG_1492 IMG_1563

IMG_1557IMG_1562

IMG_1485-287x300

to Italy

 

(イタリアだけのBlogもあります
ここでは掲載上続けます)

Bologna ボローニャ

5KMTPd4yD1giG9i1504002058_1504002089

久しぶりのイタリア  初めてのボローニャ空港に着陸いたしました。

IMG_1597IMG_1599

教会はいずこも荘厳で美しいですね
神様のいらっしゃるところだからですね     心が安らぎます。

IMG_1600

IMG_1601

門も美しい

IMG_1602 IMG_1608

市の中心、マジョーレ広場      市庁舎Palazzo Comunale

IMG_1614 IMG_1674

Basilica di San Petronio           とにかく猛暑   みんな 日陰で休んだり

 IMG_1634 IMG_1638

IMG_1639 IMG_1635

IMG_1650 IMG_1696

Gelato ミント&チョコは大好物♪ 溶けちゃいますよ

IMG_1669 IMG_1675

Torri di Bologna (Torre degli Asinelli Torre Garisenda)

高い塔に上る観光予約をするために、wifiを求めて本屋さんへ

IMG_1697 IMG_1661

MODA  書籍にうっとり

IMG_1701 IMG_1692

IMG_1693 IMG_1666

COCO CHANEL  RITZ (France)                     BVLGARI

IMG_1663 IMG_1668

GUCCI                                        PLADA

………………………………………………..

…………………………….

IMG_1705

Bologna駅から Ravennaへ行きます♪

IMG_1706 IMG_1708

まず、乗る列車ホーム時間をゲット!
遅延していないか? 掲示板の到着と出発を間違わないように!

……………………………………………………

…………………………………

Ravenna ラヴェンナ

IMG_1905

ラヴェンナ駅を出ましたら

モザイク画がたくさんある中心地に先に行く人は前進、前進

but

80px-Icon_of_Sekaiisan.svg

私がラヴェンナに行きたかったのは

この!モザイク画を見たかったからです。

IMG_1859

 BASILICA  DI  S.  APOLLINARE  IN  CLASSE

友人の旅行写真に!心を奪われました。

なんて可愛らしい

この色彩 絵モザイク 丸い雰囲気   イタリアの美センス

これを見るのが念願でした。

IMG_1869

IMG_1883

東ローマ時代

モザイク画を創るのは、とほうもない時間がかかるのです。

石やガラスを砕く作業

破片が放つ『光』が正にモザイクの命

切断面に生まれる凹凸は、
光の反射に変化に揺らぎを与える

vs

平面は、受けた光をそのまま反射するだけ

切断面を壁に並べる際に
窓から入る光の量まで計算して作られています。

IMG_1927

これだけは、中心地から離れたところにあります。

ラヴェンナ駅に到着したら先にこちらを見に行くのがいいかも

ラヴェンナ駅からバス3番  10位で到着。
帰りは同じ切符が使えます。
(1時間以内という決まりですが時間が過ぎてもOKかも)

IMG_1716

市内中心地に着きますと、地図と5箇所入れるチケットをゲット

順番に全部見ましょう♪ 美しすぎます。

mosaic

IMG_1838

IMG_1825

IMG_1809

IMG_1782

IMG_1788

IMG_1758

IMG_1757

IMG_1755

IMG_1759IMG_1763

IMG_1765

IMG_1762

IMG_1823

外観はこんななのに、中は輝いているのですね

fk3wAXd810jhmt31504110628_1504110653 Sk2yomEGiBgKvmV1504110694_1504110774 IMG_1925

ローマ法王様がいらっしゃるとホッといたします♪

このような可愛らしいモザイクも

IMG_1738 IMG_1721

モザイク工房です

IMG_1732

IMG_1730

綺麗ですね

IMG_1726 IMG_1729

IMG_1743 IMG_1741

IMG_1742

IMG_1806 o6EneWp6jxCASnZ1504392183_1504392200

イアリアのマエストロ  Riccardo Muti

今年のザルツブルグ音楽祭ではSold Out!

IMG_1904

………………

そしていよいよ プッチーニ音楽祭へ !

IMG_1930 IMG_1933

ボローニャから プッチーニの故郷 へ

………………………..

Torre del Lago

IMG_2021

IMG_2058

Giacomo Puccini

大好きな Puccini の名曲は叙情的でドラマチックと申しましょうか、イタリア語だからこその感情が乗り上がっていく音楽な のでしょうか、あの感情は日本語で表せないかもしれませんね ポンテベッキオまでの道をお仕事で幾度も歩いた私は、ジャンニスキッキ歌えるようになりたいです♪

「トスカ」「蝶々夫人」「ラ ボエーム」「ジャンニ スキッキ」「マノン レスコー」などの代表作を作曲したプッチー二の湖畔邸宅を訪れました。💕 作曲に使われたピアノやプッチーニ氏のものがそのまま置いてあり、たくさん想いました。

IMG_1940 IMG_1951

IMG_1962 IMG_1945

IMG_1939 IMG_1952

湖畔の野外劇場でプッチーニ音楽祭が毎夏、開催されます。

festival-puccini-torre-del-lago

19831La_Bohème_puccini_festival_2016 IMG_3389

トッレ・デル・ラーゴはトスカーナ州西部の人口約11,000人の町です。マサチウッコーリ湖とティレニア海の間に位置し、ジャコモ・プッチーニは生前この町に居を構えていました。トッレ・デル・ラーゴで行われる、プッチーニ音楽祭はイタリア国内では最も有名なイベントの一つであり、プッチーニの作品だけを上演する世界で唯一の音楽祭です。毎年行われるプッチーニ音楽祭には約40,000人もの聴衆が集まり、屋外舞台はかつて作曲家プッチーニが住み、作曲をしていた邸宅からそれほど離れていません。彼はこの邸宅の近くの礼拝堂に葬られました。

1930年に初めて開催され、予ねてからこのイタリア人作曲家が夢に見ていた「自らのオペラを作曲した湖畔での上演」が叶えられました。プッチーニのぼつ後6年後彼の友人達がマサチウッコーリ湖上に「ラ・ボエーム」の壮大な舞台を設置し、この伝統は今日まで続いています。

プッチーニ生誕150年を迎えた2008年よりプッチーニ音楽祭は新しい屋外劇場で開催されるようになりました。 (プッチーニ音楽祭 webより)

IMG_2024

IMG_2008

IMG_2007IMG_2018

野外ですから、湖畔の夜風が心地良く、

アリア『誰も寝てはならぬ』は、かつてのパバロッティの歌声と比べながら聴いてしまいました。パバロッティの”Vincero! Vincero!〜'”見開いた目には感涙を誘いました。イタリアの太陽のように、大きな青空へ、艶やかな声がビュンビュン広がる感♪  NYのセントラルパークコンサートでパバロッティと握手しました💕写真も想い出しました(^^)  

……………………………

…………..

IMG_2036

イタロに乗り、Pisa → Firenze → Milan

列車のチケットは、インターネットで予約しておくと便利です。

IMG_1922 IMG_1918

このようにスマホの画面を車内で見せるだけ

駅でその都度買わなくてすみます。が

要注意!は

選んだ始発駅から到着駅までが直通ではない

乗ったらあとは優雅快適♪

なんて思っていたら!

ファーストクラスを購入しても、乗換え列車が2nd クラスになったり

おまけに!!!!!!!殆どのイタリアの駅は階段のみです。

列車が遅延することがあります。

3分で! 20kgのスーツケースを担いで、階段を上り下りできますか?

私はずっとお仕事でイタリアへ行っていましたので、

列車の際には、別途スーツケースはバスが運んでくださっていました。

ですから ええっ? の連続でした。

駅で、周りにいる人にお願いしますと、もちろん持ってくださいます。

が、みんな大きなスーツケースを持っている旅行者が殆どです。

なのに何故? エスカレーター、エレベーターがないの??????

イタリアには世界の文化遺産の6割がある。

世界中から人々が押し寄せる。

階段だけでも みんな来るも〜ん

でしょうか?

………………………

Milano Centrale

italy211

巨大感の ミラノ中央駅

IMG_2050

あとは、マルペンサ空港行きの列車に乗るだけ

→ ドバイへ飛びます。

1st ~ 5th August 2017

2017.08.21

7カ国 視察旅 2017 (7) アラブ首長国連邦 ドバイ アブダビ United Arab Emirates

 IMG_2072

Emirates エアバスA380  ドバイEXPO 2020 !

IMG_2916

ピカピカのドバイ空港に着陸いたしました。

IMG_2146 IMG_2151

IMG_2153

ドバイは2度目です このBurj Khalif  ↑(Blog掲載)

資金はアブダビ首長国のおかげだそうです

Abū Dhabī

Emirates Palace

IMG_2449

王様が建てられました

王族・政府御用達

IMG_2947

ホテルの総敷地面積は100ヘクタール(東京ディズニーランドの約2倍)

85ヘクタールの庭園  1.3kmの巨大プライベートビーチ
専用ヘリポート  クルーザー停泊用の港  2500台収容の駐車場
高さ80m  114のドーム
客室数は394室  エレベーター90基

とにかく広い

IMG_2448

Emirates Palace

Emirates Palace

大理石と黄金

王様が『ここへ訪れる人々のために』と創られたそうです。

IMG_2652 IMG_2178

宿泊させていただきました。

IMG_2572

IMG_2568

IMG_2299

IMG_2899

荘厳 大理石と黄金でできている重さ がわかる 。。 。体感

IMG_2176 IMG_2311

案内板 エレベータも大理石と黄金

IMG_2903 IMG_2566

IMG_2595 IMG_2297

IMG_2175

チェックイン時に真紅の薔薇で迎えてくださいます
それを持って

IMG_2548

エスコートの方がお部屋まで案内してくださいます

IMG_2308

と 遠い

IMG_2309

IMG_2565

IMG_2581 IMG_2315

IMG_2579

IMG_2295

遠い。。 。

IMG_2513

IMG_2506

IMG_2509

 IMG_2283

イスラム建築 馬蹄形アーチが可愛らしい

IMG_2507

到着

IMG_2280

お部屋に入ります

IMG_2948

丸いkeyは初めてです♪

IMG_2195

曲線美♪♪

IMG_2190 IMG_2447

薔薇のお花が優しく♪♪♪  エミレーツパレスのタブレットで空調も

IMG_2215

IMG_2451 IMG_2452 IMG_2453

IMG_2216

大きな画面には世界の美しい景色が切り替わります

IMG_2401

IMG_2243 IMG_2244

IMG_2193

テラスに出ます

IMG_2465

アラビア湾     こんなに緑がいっぱい

砂漠なのにどこへ行っても緑が多い

前大統領が緑が大好きで、豊富な石油資源で

首長国中に何百万ともなる砂漠型気候でも育つナツメヤシの木を植えた

IMG_2183

曲線美が大好きです   やはりテラスにも重厚な大理石

IMG_2184 IMG_2180

IMG_2484

電話をすると執事の方が来てくださいます

IMG_2438

IMG_2446 IMG_2436

タブレットの使い方を指導    アブダビ 47℃

女性はこの24K Gold?   モロッカン  ハマム

6kY7tEd27QyVouh1504137589_1504137610

apvgOhrp3jnfXcM1504137640_1504137687

12B9OrCnBYLaS2H1504167981_1504168021

IMG_2393

Spa エリア

IMG_2540

ビーチヘ向かいます

IMG_2949

 IMG_2367 IMG_2351

ちょっと泳いでみました  誰もいません  暑すぎるからです

IMG_2352 IMG_2353

こんなに綺麗なんですよ♪ シュノーケルも

74202_14032420170018835630

お部屋に戻り

IMG_2510

IMG_2207 IMG_2206

やはり大理石

14284511 14284660

私のお部屋は Pearl Double Room Sea View です

IMG_2197

お茶の時間です

IMG_2547 IMG_2321

IMG_2304

IMG_2301

IMG_2596

お衣装がすばらしい

IMG_2609

High Teaをお願いしましたところ

『こちらにはスペシャルなコーヒーがあります。』

24 K  Gold  金箔カプチーノ!

IMG_2950

「こちらのホテルのだったのね」

といただくことができました。感謝申しげます。

きっと教えてくださいますよ

IMG_2612

High Teaは3種類

Traditional High Tea     Royal High Tea     Arabic High Tea

IMG_2626

IMG_2628

黄金に輝いています

IMG_2649

IMG_2307

IMG_2561

こちらも 大理石と黄金

IMG_2562 IMG_2638IMG_2637

IMG_2512 IMG_2171

…………………………………………………………………………………

お出かけです

IMG_2657

IMG_2658

IMG_2659

IMG_2666

左側が最新ビル        右はパレスが続く海側

IMG_2680 IMG_2681

まっすぐ走るだけ        近づくと巨大なビル

アラブ首長国連邦の首都  Abū Dhabī は、裕福ながらもおちついている

観光客が少ない          どこも広々している

IMG_2678

のちほど参ります!

こちらを先に

IMG_2743

Abū Dhabī   フェラーリ ワールド!

IMG_2690 IMG_2689

IMG_2691

IMG_2725

IMG_2924

IMG_2694 IMG_2696

IMG_2707 IMG_2698

世界最速 239km/h   ローラーコースター FOMULA ROSSA 乗りました!

IMG_2701

IMG_2714

IMG_2715

IMG_2750

こちらは20:00までOpen

Mallへ

IMG_2732 IMG_2735

iPhone チャージ !

IMG_2739 IMG_2919

…………………………………

………………

Sheikh Zayed Grand Mosque

IMG_2748

あまりな美しさに幻想郷のようでした

IMG_2801

IMG_2811

IMG_2815

IMG_2844

IMG_2868

IMG_2834

IMG_2840

IMG_2826 IMG_2827

大理石&宝石も

IMG_2857

世界最大のペルシア絨毯      5,627M2
アリー・ハリーキー デザイン
イラン Mashhadin近くの村で1,300人の職人の手作り

『世界を結びつける』をテーマに
イタリア、ドイツ、モロッコ、パキスタン、インド、トルコ、マレーシア、イラン、中国、イギリス、ニュージーランド、ギリシア、アラブ首長国連邦から3,000人以上のスタッフト38社以上の企業が参加

82個のドーム、約1,000本の柱
建築費 550億円

100万個のスワロフスキー&24Kメッキ
世界最大のシャンデリア

IMG_2848 IMG_2847

IMG_2850 IMG_2855

IMG_2825 IMG_2824

IMG_2817

IMG_2881

IMG_2876

IMG_2884

「これを着てください 」と

体感させてくださる      شكرا

Sheikh Zayed Grand Mosque は ただただ美しい

IMG_2881

IMG_2753

IMG_2890

IMG_2747

美しい美しい旅に感謝がいっぱいです

実は感涙。。

…………………………………….

自分で創った旅

色々あったけれど   美しく美しくできた

たくさんの人々と出逢い

たくさんの国を訪れ

ほんとうに

世界は美しい

…………………………

ホテルに戻り

IMG_2478

IMG_2456

朝食を頂けたのを全く忘れていました

IMG_3181

 IMG_2906

荘厳 お車寄せ

IMG_2907

شكرا جزيلا

IMG_2910 IMG_2911

IMG_2912

Departures を見ると ワクワクいたします♪♪♪

6th ~ 8th August 2017

You return from a trip,

あなたは旅行から戻る
でも、真の旅はつづいていく

but not from a true journey.

 

2017.08.15

海外旅行 英語 美 ◎若いときに絶対しておきたかったこと

海外旅行  英語  美
[若いときに絶対しておきたかったこと]


各年代の統計において、
しておきたかった事の3上位はどれも

『語学』『勉強』『旅行』です。

 

30代女性の美しいファッション誌のアンケート

趣味は? 1位 旅行

100万円あったら? 1位 旅行

 

60代以上の男女へのアンケート

趣味の1位は 旅行

 

プレゼントされたブランド品や宝飾品を売り、
「何に使うのですか?」
海外旅行に行きたい。

世界の美を体感したい

遠い外国までわざわざ行く最大の理由はこれですね?

それがたまたま海外にあるから

それが在る外国へ行く

本物を体感しに行く

 

何事も、超一流になるには

💕💕超一流を体感すること

dam-images-daily-2014-09-chagall-ceiling-marc-chagall-opera-garnier-ceiling-01

ご受講生の方々は、

『一流ではなく、あなたは超一流になりなさい、と言われた』

『世界を舞台に輝きたい』

『これからは海外旅行をもっとしたい』 

 

💕💕素晴らしい目標をお持ちでいらっしゃいます。

💕

私のテーマは

『最高の美を体感したい』

IMG_1927 

女性が憧れる美  

皆様方と同じく、何が最高なのか? 超一流なのか? 

わからなければ、どっちの方向へ進んでいいのか

わからないですよね? 

 

ゴールのテープを目指して走る 

飛行機は Destination 行き先へ向かって飛ぶ

 

では、最高の美の方向は???

ファッション雑誌に載っている?
美容の本に載っている?
マナーの本に載っている?

それらは世界基準?

永遠に変わらない?

知性品、『格』は

は? 愛情は?

創造性は?

IMG_2753

世界遺産はもとより 世界の畏敬なる美は、

歴史を経て今もなお世界の人々が敬愛して集まる。

大自然

途方もない叡智、愛情、時間

人手と費用、材質、技術、センスがかかっている。

💕

それらを体感することにより、

超一流がだんだん身についてくる。

💕

美のセンス💕💕なぜ世界の人々が集まるのか?

 

フと何かがわかる、掴める 

これって○○に応用できるよな… …

💕

国際社交学のレッスンは

『いろんなことを妄想する』

『いろいろなシーンで応用できる』

 

とのお言葉を戴き、たいへん嬉しく思っております。

 

世界の畏敬の美にDestinationが合っていることは、

世界の頂点に通用する💕💕ということ 

 

     超一流とは  

人類の偉大な価値として  後世に残っていくもの 

それぞれの分野において 

それを維持するために携わった人々の 

尊い努力と愛情の賜物

 (国際社交学テキストより)

💕

人生の先輩方のお言葉も超一流です。

客船の旅はそれらの立証にもなります。

 

qBriST6KIrAK1dF1504236799_1504236849

一番見晴らしいのいいキャビンで船旅をされていたご夫妻がいらっしゃいました。70代で絹のように艶やかな白い肌、女優のごとくお着物もドレスもシックに着こなす美しいご夫人がこのように仰いました。

若いときに戻りたいとは思わないわよ。でも、もし戻ったら・・・

もっと勉強したかった。私は主婦でしょ?夫に感謝もあるし尽くしてもきたわよ。でももっと教育を受けたかった。英語だって話せたらどんなに楽しいか。と今つくづく思います。くやしいわよ(笑)

また、夫がブラジルのリオのカーニバルで女装をする80代の妻は、「お爺ちゃん(夫)に投資してもらって、孫達は全員英語が話せるようにします。絶対話せるように成って欲しい」と強調されました。

英語に関して、私たち『日本人は得』なこともあります。

英語を話すと外国人が協力的なことがほとんどだからです。

あるとき飛行機内で私とお隣席だったアメリカ人の方がこう教えてくださいました。「白人の顔の我々が、たとえば非英語圏の国で、英語で捲し立てたら相手は面白くない。」「ここはルーマニア、ルーマニア語で話せ」となる。でも、東洋アジア人の顔の人が非英語圏の国で英語で話しても、相手には、「一生懸命、英語を話している」という好感になる。

あなた方は得だ」というわけです。

実際、初めて海外旅行に参加した日本人青年が「こっちの人は優しいですよね。たどたどしい英語で問いかけても、わかるまで熱心に説明してくれる」と安堵してらしたこともあります。

 

フランスで私が1番仲良しになれた人、そのムッシュとは最初、辞書談をしていました。フランス語が全く話せなかった私と英語が話せなかったムッシュとで、英仏辞書を指差しながらの会話でした。でも、いつもことのほか楽しい会話だったのは、お互い美術が好きだったからです。

 

話していて楽しい人は、決して、その国の言語を完璧に話せる人というくくりではないですね?母国語同士でも話しがかみ合わない人はいます。話していて楽しい人は、聴こうとする力、内容、表現力、人間性といった教養レベルが同じはずです。1/3は教養、1/3は感情、だから1/3だけ話せればいい、と思うほどです。

そのフランス人のムッシュは、アンティーク本を鑑定する学者お爺さまです。パリの国立図書館の研究員フロアへ、ブルボン宮殿のパーティへ、また、カフェにいらっしゃるときもいつも上質なスーツ姿でル・フィガロを手になさっていました。が、宿敵、英語の辞書を買い揃え猛烈に勉強をし始めていました。

 

何歳になっても

『学生』をしていると若くいられます♪

 

詩人サミュエル・ウルマンは、『青春』を、こう謳っています。

青春とは人生のある期間ではなく、
『心の持ち方』を云う。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき初めて老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
80歳であろうと人は青春にして己む。

青春とは、心の若さである

clB60dk5Ym8_gC01482040947_1482040982

To be young, young at heart !

若くいるには、心が若いこと!

 

ある旅から帰国し、成田空港から家路に向かわれる初老の医師の方が振り向かれてこう仰ったことがあります。

「あっ。お話ありがとうございました。今からでも英語ができそうな気がしてきました。」

 

人生を美しく豊かに過ごすゾ!と決めれば、
語学も勉強も旅行もこれからいくらでもできます。

たとえば信念ひとつ、言葉遣いひとつ、人間力ひとつ成長すれば、世界を仕事で、世界の至極の美を体感しながら、それが収入になりながら旅もできるのですから。まず費用ではなく、まず勉強です。


あなたに身についていることだけは、

誰にも盗られない、決して無くならない。
どんな世でも。

そしてあなたがどこへ行こうとも生涯あなたについて、

おまけに利子を生んでいく

 

勉強をしているといろいろな人々と繋がれます。

上質な人達は勉強を続けているのではないでしょうか?

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグは、
父親から「人との繋がりが一番大切」という教育を受け、
大好きなコンピューターの勉強を続けていたそうです。

自分の大好きな勉強こそが、あなたの人生を楽しませ、

それがひいては大勢の人へ、社会へ、

世界の喜びへと影響していく

 

世界は本である。
旅をしない人は、
本を1ページしか読んでいないということだ

聖アウグステイヌス


ほんとうに、旅は、
学ぶことまでついてくるとても楽しいもの♪です。

 

世界の頂点の美をテーマにした人財育成

 『あなたが優美になれる』

62130023

国際社交学のレッスンを
インターネット配信いたします。

ご案内メールご希望の方は

メールアドレスだけでも
御送信くださいませね

 心からお待ち申し上げております♪

2017.08.06

『Gold Coast 英語クラス』ブラジル美男&学友!

オーストラリアのゴールドコースト! Surfers paradise へ語学プチ留学いたしました♪

サーファー達が世界からやって来る!! ブラジルからの富裕な留学生が殆どでした。

Marcos君もそのひとり! 美しい青年ですね

クラスメート達と。向って右端が先生です。真ん中のグリーン色のErikoちゃんは・・・

最初、彼女が歩いているのを見たとき、『ファッション誌のモデル女性が留学に来ているんだ』と思った程、それはそれは美しくあまりにも足が長い! その上、先生が驚くほどの完璧なNative英語発音で話すのです。幼少の頃から、Nativeの家庭教師について英語を習っていたからだそうです。

このサーファーズ・パラダイスは、街中をみな裸足で歩いています。

毎日、お勉強のあとはビーチに行き、健康に楽しみ♪ お食事にもお出かけ♪

彼女達も本当に可愛く美しいですね。このソファーはヴェルサーチホテルのようです。

ブラジル学生たちの豊満なBodyに圧倒されながらも、修了証書をゲットです。

楽しいプチ留学でした。

オーストラリアの英語は独特の発音ですので、ローカルな人々の会話を聴き取るのはちょっと難しいと感じました。

英・米・豪、の英語発音を比べてみたいと思い学びにまいりました。

美しいGold Coast ♪  Thank you so much with all my heart !

2017.08.05

イタリア ラヴェンナ モザイク画 ボローニャ プッチーニ音楽祭♪

5KMTPd4yD1giG9i1504002058_1504002089

久しぶりのイタリア  初めてのボローニャ空港に着陸いたしました。

IMG_1597IMG_1599

教会はいずこも荘厳で美しいですね
神様のいらっしゃるところだからですね  心が安らぎます。

IMG_1600

IMG_1601

門も美しい

IMG_1602 IMG_1608

市の中心、マジョーレ広場      市庁舎Palazzo Comunale

IMG_1614 IMG_1674

Basilica di San Petronio           とにかく猛暑   みんな 日陰で休んだり

 IMG_1634 IMG_1638

IMG_1639 IMG_1635

IMG_1650 IMG_1696

Gelato ミント&チョコは大好物♪ 溶けちゃいますよ

IMG_1669 IMG_1675

Torri di Bologna (Torre degli Asinelli Torre Garisenda)

高い塔に上る観光予約をするために、wifiを求めて本屋さんへ

IMG_1697 IMG_1661

MODA  書籍にうっとり

IMG_1701 IMG_1692

IMG_1693 IMG_1666

COCO CHANEL  RITZ (France)                     BVLGARI

IMG_1663 IMG_1668

GUCCI                                        PLADA

……………………………….

…………….

IMG_1705

Bologna駅から Ravennaへ行きます♪

IMG_1706 IMG_1708

まず、乗る列車ホーム時間をゲット!
遅延していないか? 掲示板の到着と出発を間違わないように!

IMG_1712

RAVENNNA  ラヴェンナ駅を出ましたら

モザイク画がたくさんある中心地に先に行く人は前進、前進

but

80px-Icon_of_Sekaiisan.svg

私がラヴェンナに行きたかったのは、

この!モザイク画を見たかったからです。

IMG_1859

 BASILICA  DI  S.  APOLLINARE  IN  CLASSE

友人の旅行写真に!心を奪われました。

なんて可愛らしい

この色彩 絵モザイク 丸い雰囲気   イタリアの美センス

これを見るのは念願でした。

IMG_1869

IMG_1883

東ローマ時代

モザイク画を創るのは、とほうもない時間がかかるのです。

石やガラスを砕く作業

破片が放つ『光』が正にモザイクの命

切断面に生まれる凹凸は、
光の反射に変化に揺らぎを与える

vs

平面は、受けた光をそのまま反射するだけ

切断面を壁に並べる際に
窓から入る光の量まで計算して作られています。

IMG_1927

これだけは、中心地から離れたところにあります。

ラヴェンナ駅に到着したら先にこちらを見に行くのがいいかも

ラヴェンナ駅からバス3番  10位で到着。
帰りは同じ切符が使えます。
(1時間以内という決まりですが時間が過ぎてもOKかも)

IMG_1716

市内中心地に着きますと、地図と5箇所入れるチケットをゲット

順番に全部見ましょう♪ 美しすぎます。

mosaic

IMG_1838

IMG_1825

IMG_1809

IMG_1782

IMG_1788

IMG_1758

IMG_1757

IMG_1755

IMG_1759IMG_1763

IMG_1765

IMG_1762

IMG_1823

外観はこんななのに、中は輝いているのですね

fk3wAXd810jhmt31504110628_1504110653 Sk2yomEGiBgKvmV1504110694_1504110774 IMG_1925

ローマ法王様がいらっしゃるとホッといたします♪

このような可愛らしいモザイクも

IMG_1738 IMG_1721

モザイク工房です

IMG_1732

IMG_1730

綺麗ですね

IMG_1726 IMG_1729

IMG_1743 IMG_1741

IMG_1742

IMG_1806 o6EneWp6jxCASnZ1504392183_1504392200

イアリアのマエストロ  Riccardo Muti

今年のザルツブルグ音楽祭ではSold Out!

IMG_1904

………………

そしていよいよ プッチーニ音楽祭へ !

IMG_1930 IMG_1933

ボローニャから プッチーニの故郷 へ

……………………..

Torre del Lago

IMG_2021

IMG_2058

Giacomo Puccini

大好きな Puccini の名曲は叙情的でドラマチックと申しましょうか、イタリア語だからこその感情が乗り上がっていく音楽な のでしょうか、あの感情は日本語で表せないかもしれませんね ポンテベッキオまでの道をお仕事で幾度も歩いた私は、ジャンニスキッキ歌えるようになりたいです♪

「トスカ」「蝶々夫人」「ラ ボエーム」「ジャンニ スキッキ」「マノン レスコー」などの代表作を作曲したプッチー二の湖畔邸宅を訪れました。💕 作曲に使われたピアノやプッチーニ氏のものがそのまま置いてあり、たくさん想いました。

IMG_1940 IMG_1951

IMG_1962 IMG_1945

IMG_1939 IMG_1952

湖畔の野外劇場でプッチーニ音楽祭が毎夏、開催されます。

festival-puccini-torre-del-lago

19831La_Bohème_puccini_festival_2016 IMG_3389

トッレ・デル・ラーゴはトスカーナ州西部の人口約11,000人の町です。マサチウッコーリ湖とティレニア海の間に位置し、ジャコモ・プッチーニは生前この町に居を構えていました。トッレ・デル・ラーゴで行われる、プッチーニ音楽祭はイタリア国内では最も有名なイベントの一つであり、プッチーニの作品だけを上演する世界で唯一の音楽祭です。毎年行われるプッチーニ音楽祭には約40,000人もの聴衆が集まり、屋外舞台はかつて作曲家プッチーニが住み、作曲をしていた邸宅からそれほど離れていません。彼はこの邸宅の近くの礼拝堂に葬られました。

1930年に初めて開催され、予ねてからこのイタリア人作曲家が夢に見ていた「自らのオペラを作曲した湖畔での上演」が叶えられました。プッチーニのぼつ後6年後彼の友人達がマサチウッコーリ湖上に「ラ・ボエーム」の壮大な舞台を設置し、この伝統は今日まで続いています。

プッチーニ生誕150年を迎えた2008年よりプッチーニ音楽祭は新しい屋外劇場で開催されるようになりました。 (プッチーニ音楽祭 webより)

IMG_2024

IMG_2008

IMG_2007IMG_2018

野外ですから、湖畔の夜風が心地良く、

アリア『誰も寝てはならぬ』は、かつてのパバロッティの歌声と比べながら聴いてしまいました。パバロッティの”Vincero! Vincero!〜'”見開いた目には感涙を誘いました。イタリアの太陽のように、大きな青空へ、艶やかな声がビュンビュン広がる感♪  NYのセントラルパークコンサートでパバロッティと握手しました💕写真も想い出しました(^^)  

…………………………

………..

IMG_2036

イタロに乗り、Pisa → Firenze → Milan

列車のチケットは、インターネットで予約しておくと便利です。

IMG_1922 IMG_1918

このようにスマホの画面を車内で見せるだけ

駅でその都度買わなくてすみます。が

要注意!は

選んだ始発駅から到着駅までが直通ではない

乗ったらあとは優雅快適♪

なんて思っていたら!

ファーストクラスを購入しても、乗換え列車が2nd クラスになったり

おまけに!!!!!!!殆どのイタリアの駅は階段のみです。

列車が遅延することがあります。

3分で! 20kgのスーツケースを担いで、階段を上り下りできますか?

私はずっとお仕事でイタリアへ行っていましたので、

列車の際には、別途スーツケースはバスが運んでくださっていました。

ですから ええっ? の連続でした。

駅で、周りにいる人にお願いしますと、もちろん持ってくださいます。

が、みんな大きなスーツケースを持っている旅行者が殆どです。

なのに何故? エスカレーター、エレベーターがないの??????

イタリアには世界の文化遺産の6割がある。

世界中から人々が押し寄せる。

階段だけでも みんな来るも〜ん

でしょうか?

………………………

Milano Centrale

italy211

巨大感の ミラノ中央駅

IMG_2050

あとは、マルペンサ空港行きの列車に乗るだけ

→ ドバイへ飛びます。

1st ~ 5th August 2017

2017.08.01

  • 前のページへ