できあがった美をこわさない


Avenue des Champs-Élysées(至福の園)

華の都Parisは、世界で1番訪れる人の多い、美の殿堂。

街並みの色彩、建物の高さ、形、道路の配置、など、全体が美で統一されています。


パリ市内は、「フュゾー規制」というのがありまして、

ある地点からの視界に、美を損ねるものを建ててはいけない、ことになっています。

 

公共の美観を学びましょう。

公共の場は、大人のルールで動いています。それは子供でも知っています。

「自分の姿・立ち居振る舞いも公共美の一部である」ことを常に意識して。    

見ているのは他人です。人々の目の方が多いのです。



美意識の高さで、教養の高さや、社会階層までもがわかってしまいます。


Etiquetteは、フランス王朝宮廷人の教養を証示する札から生まれました。

太陽王ルイ14世時代のヴェルサイユ宮殿で発行された通行札Ticketは、

相応しい「宮廷の作法」を身につけている高位の貴族に発行されたそうです。



T.P.O に応じた服装を心がけましょう。

自分が楽であることよりも、全体的にそれが美しくその場に相応しいかどうか?

で決めてください。特に、洗練された場所ではきちんとしましょう。


Exteriorにも気を配ります。

庭の手入れ、家の外観、 洗濯物は人目にふれないように。

人の目に美しく。



日本人がとらえている以上に、美意識が高い地域がたくさんあります。

街並みの美を統一するために、たとえ自分の持ち物であっても、

ビルディングの外観を変えてはいけないのです。


ヴェルサイユ宮殿の近くの住宅街で、自分の家を好きな形に建てた人に対して、

住民が訴えを起こした裁判があったそうです。全体の美のバランスの配慮ですね。

勝訴したのは、もちろん変えてはいけない側でした。


美とはそれだけ厳しいものなのです。



日本は、そもそも和の文化で美しく統一されていました。 

それが、西洋文化が入ってきたために、和洋折衷になってしまいました。 

瓦葺の屋根の街並みに、洋服を着て歩いている。

畳の部屋で、洋食器を使う。 

電信柱、看板の乱立などにもよって、「本当の美」を、体験するのが難しい現状です。

本当の美を、今一度、省みましょう。 


ご自身だけはなく、俯瞰して、美をとらえてください。

外国に訪問するきは、その国、その土地の、

「できあがった美」を壊さない、のが礼儀です。



「できあがった美」を壊さない。



この素晴らしいことを教えてくださったのは、Grammy

グラミー賞に参加しましたときにエスコートしてくださった男性でした。 


音楽界の大スター、ロックスターが正装で集合するオーディトリアムへ、

いよいよ行く前に、私たちを集めて彼は、言いました。


「グラミー賞はアメリカが誇る文化です。

みなさまがその文化に花を添えることはできないかもしれません。

が、せめて、できあがった美を壊さないようにしましょう。



私は、彼の言葉に長年深い感謝をしています。 

美を壊さない、これをいつも肝に命じています。

美を創り上げるのに、

どれほどの長い時と、愛と、人々の手がかかっているかを、

いつも心に留めましょう。



できあがった美に華を添えられたら素晴らしいですが、せめて、

できあがった美に溶け込む配慮をしましょう。



不思議なもので、外国に滞在する際に、敬意を払いおしゃれをしている人、

礼節ある振る舞いをしている人は、良い扱いになる、良い席へ通される

なぜか良いお部屋になる、素敵な人と出逢えるのです。

(ブログ『2つの王冠』をご参照くださいませ。)


God sees everything.



#Paris #フランス #ChampsÉlysées #シャンゼリゼ #美意識 #Grammy #グラミー賞 #AVECGRACE #杉崎王香

copyrights Ⓒ AVEC GRACE Co., Ltd   All Rights Reserved. 2019